チワパグのしつけの仕方は?

チワパグの上手な飼い方とは?

チワパグの上手な飼い方とは?

世界最小犬といわれるチワワと顔だちが特徴のパグから生まれたミックス犬のチワパグは両方の特徴を受け継いだ人気の犬種です。

外見はパグよりになっていて性格は知らない人には警戒心が強い感じですが、飼い方は飼い主に対しては友好的で明るい性格と好奇心が旺盛な遊びが好きなので飼い主と一緒に遊んだり散歩にでかけるのが好きなタイプとなります。

食べ物や生活空間などは愛情を注いで世話をしていれば病気から遠ざけて寿命は15年以上と長いのですが延ばすこともできるでしょう。

チワパグの被毛はスムースコートが多く抜け毛は気になるほどではないです。

ですが顔にシワがある場合はシワの間に食べカスや散歩中についた土やホコリなどは放っておくと悪臭や皮膚病の原因にもなることから濡れタオルなどで拭いて清潔を保つようにしましょう。

チワパグが吠えた時のしつけ方は?

チワパグが吠えた時のしつけ方は?

犬が人やほかの犬に吠えた時の最も大きな理由は、犬が強い警戒心を持ったためです。一般的に、子犬のころには、犬同士で社会化を学ぶ大事な時期にしっかりと社会化を身に付けることが出来た犬は、人がしつけをしなくても吠えることがすくないです。

したがって、チワパグも同様、吠えることは、警戒感をもっている強い現れのため、その対処法としては、犬に安心感を持たせるように接してみるとことが警戒感を持った犬への重要で、効果的な対策になります。

具体的には、しゃがんで犬の目線で犬の名前を穏やかで優しい声で呼び続けながら犬の体や犬の頭あご等を優しく撫でてやる等を行い犬が持った恐怖感警戒心を解いてくれるようにコミュニケーションを取ってあげましょう。

チワパグが噛んだ時のしつけ方は?

チワパグが噛んだ時のしつけ方は?

チワパグはミックス犬の一種で、チワワとパグから生まれました。明るく好奇心旺盛な性格ですが、チワワの神経質な一面やパグの頑固な性格を受け継いでいることもあります。

警戒心も強いので、噛んでしまうこともあるので噛まないようにしつけをすることが大切です。チワパグが噛んだ時のしつけ方は、口や首を掴んで飼い主が主人であることを教えるようにすると飼い主の言うことをききやすくなります。

母犬が子犬を叱る時にも、子犬を仰向けにして口や首を軽く噛むことが多いようです。

また、遊んで欲しいとかおやつが欲しいというように自分要求を通そうとして噛んでいる時には、それを与えてしまうと噛めば思い通りになると思ってしまうので要求には応えないようにしましょう。