チャウチャウのしつけの仕方は?

チャウチャウの上手な飼い方とは?

チャウチャウの上手な飼い方とは?

チャウチャウの上手な飼い方はどうすればよいかというと、まず子犬の頃のしつけが重要です。独立心があり、頑固な一面も持っているので、家族の中でもリーダーと認識した人以外の指示は聞かない事もあります。

その為小さい時から社会性を持たせる為に、家族以外の人や犬と触れ合ったり、しつけや訓練を行う事が必要です。

自分達だけでしつけるのは少し不安だという場合は、トレーナーがいる教室に相談してみると良いです。

飼育環境としては、チャウチャウは寒さに強いですが高温多湿な場所には弱いので、暑い時期はなるべく屋内に入れてあげましょう。

運動はがっちりとした体系ですが、激しい運動は必要ないので、普通に散歩や運動をさせてあげれば十分です。また日頃のブラッシングもこまめにやってあげると良いです。

チャウチャウが吠えた時のしつけ方は?

チャウチャウが吠えた時のしつけ方は?

チャウチャウが吠えた時にはチャウチャウなりの理由があり、恐怖や不安のために警戒してすることがあります。

そのような場合は恐怖を対象を取り除き楽しいという気持ちを植え付けるようなしつけが必要です。他の犬と出会って吠えるというようなときは、他の犬とすれ違わないようにしたり、他の犬が見えないように飼い主が立ち位置を考えるという方法があります。

チャウチャウが他の人とすれ違うときその行動をするのは、すれ違う人が犬好きであるなら、おやつを渡してチャウチャウに食べさせてもらうようにお願いしましょう。

こうすることで恐怖心はなくなります。チャイムで吠えた時は飼い主がおやつを与えて、チャイムがなればおやつがもらえると犬が考えるようにして、犬の恐怖心を取り去ってあげましょう。

チャウチャウが噛んだ時のしつけ方は?

チャウチャウが噛んだ時のしつけ方は?

チャウチャウは小型犬と言えど、人を噛んだ時には痛みを感じますし、感染症などの心配もあります。

周りの人に迷惑をかけないためにもしっかりとしたしつけを行い、噛まないようにすることが肝心です。チャウチャウが噛んだ時には「痛い!」などと大きめの声で主張し、異変に気付いてもらうようにしましょう。

そして、その場で注意し、場合によっては威嚇したり引っ叩いたりしてこれはダメなことだということを覚えさせる必要があります。

また、しばらくは構ってもらおうと寄ってきても無視したり、そっけない態度をとっているとこちらが怒っていることが相手にも伝わり、これからはこういうことをしてはいけないんだと理解してくれあます。

その場でしっかりとしつけることが噛まない犬に成長させるためにも重要です。