ダルメシアンのしつけの仕方は?

ダルメシアンの上手な飼い方とは?

ダルメシアンの上手な飼い方とは?

ダルメシアンは成長しますと比較的大柄になります。その為、子犬の頃からしつけをしっかりとしておく事で、成犬になってから賢い犬に成長する事になります。

ダルメシアンの飼い方で気をつけるべき事は、この犬が遊び好きで友好的な性格をしている事から、社交性を身につけさせるというのが有効です。

十分な運動とコミュニケーションを図る事で、飼い主と犬の信頼関係が出来ます。

ダルメシアンは寒さに弱いですので、その事を踏まえて室内で飼う事になります。

叱り過ぎますと、記憶力が高い犬ですので次第に不信感が広がっていき、飼い主の言う事を聞かなくなってきてしまいます。

ダルメシアンの性格を考えて飼っていく事で、素直で従順で賢い犬に成長していくでしょう。

ダルメシアンが吠えた時のしつけ方は?

ダルメシアンが吠えた時のしつけ方は?

ダルメシアンに限ったことではないですが、吠えた時には「無視」することが大切なポイントです。

大型犬種であるダルメシアンは特にちょっとした行動でも大惨事になりかねない場合がありますので、吠えても一切興味を示さない態度をして、落ち着いてから構うようにする事で吠えてもかまってもらえないことを理解させるようにしていくことが重要となります。

しつけをする上で、ダルメシアンにとって必要なコツは記憶力に優れた犬なので吠えてもかまったり、餌はもらえないと学習させていけば、自分の要求を通すために、無駄吠えをすることでは通らないということを徐々に理解していくことになります。

又、厳しく叱ったり体罰を与えるようなことをするのは逆効果となり、飼い主さんへの不信感を募らせて言う事を聞かなくなったりするので充分に注意して下さい。

ダルメシアンが噛んだ時のしつけ方は?

ダルメシアンが噛んだ時のしつけ方は?

アニメ映画の主人公にもなるほど人気の犬種であるダルメシアンは活発で好奇心旺盛な性格であるうえに、賢く飼い主に対して従順であることからペットとしての人気も高いです。

ただ、元々は猟犬や番犬、軍用犬などとして育てられてきたこともあって抜群の体力や持久力があり、攻撃性も強いことから子犬の頃からしっかりとしつけをすることがとても重要です。

しかし、ダルメシアンは賢く記憶力が良い犬種であるため叩くなど暴力でしつけを行ってしまうと、そのことを根に持って反撃してくる可能性があります。

基本的にダルメシアンのしつけのコツは褒めて伸ばすことなのですが、噛んだ時のしつけを行う際には褒める訳にはいきません。

ですから、ダルメシアンが噛んだ時には暴力や大声で怒るのではなく、飼い主が噛まれて痛がっている素振りを見せたり、黙って部屋を出て行くなどの態度を取ることが効果的です。