シャーペイのしつけの仕方は?

シャーペイの上手な飼い方とは?

シャーペイの上手な飼い方とは?

シャーペイを上手な飼い方はどうすればよいかというと色々とポイントがあります。まず大切なのは餌です。

シャーペイは大豆を分解する酵素の力が弱いので、大豆製品やそれらが含まれているドッグフードは与えないようにしましょう。

また飼育環境としては、屋内と屋外を組み合わせた環境にするのが理想的です。きちんと信頼関係を築く事が出来れば、優しく落ち着いた性格になり飼い主への愛情を示してくれます。

シャーペイは元々闘犬だった為かなり体力がある為、散歩や運動は1日最低でも2回、30分以上行うと良いです。

沢山運動をさせる事で犬のストレスも軽くなり飼い主が飼いやすくなります。

毛並みのケアはこまめにブラッシングをしてやり、体臭が強い犬種でもあるので、定期的にシャンプーをしてあげたり、シワの間の汚れもきれいに拭き取って清潔にしてあげましょう。

シャーペイが吠えた時のしつけ方は?

シャーペイが吠えた時のしつけ方は?

シャーペイが吠えると近隣の迷惑になったり、人に向かって吠えた時には相手に恐怖感を与えてしまうこともあるので、しっかりとしつけをして必要のない時には吠えないことを教え込む必要があります。

顔見知りの来客時に吠えたり、夜の遅い時間に吠えた時にはその都度「こら!」とか「うるさい」という風に注意して、今は吠えてはだめな場面なのだと教え込むようにしましょう。

繰り返し注意を続けることでだんだんとシャーペイも理解してきて、必要のない時に吠えてはいけないということが分かるようになってきます。

しつけによって吠えてはいけない時に吠えることを防ぐことができ、周りに迷惑をかけないようにすることができるので、飼い主は責任を持ってしっかりしつけましょう。

シャーペイが噛んだ時のしつけ方は?

シャーペイが噛んだ時のしつけ方は?

シャーペイが噛んだ時のしつけは、なるべく早いうちに行うようにするのがいいでしょう。子犬のうちは噛まれてもあまり痛くなかったり、まだ小さいから怒るのはかわいそうだと思って許してしまうこともありますが、犬は小さい時に噛んだものに興味を持ち、噛み癖がついてしまうこともあります。

成長して大きくなってから人を噛んで、けがをさせてしまったりすることのないように、たとえ甘噛みであっても子犬のうちから噛んだ時にはその場でしっかりと注意し、今後人を噛むことのないようにしつける必要があります。

人を噛んでけがをさせてしまえば飼い主の責任になり、場合によっては愛犬にとっても悲しい事態に発展してしまいます。

そうならないようにしっかりとしつけるのが飼い主の責任です。