スコティッシュフォールドのしつけの仕方は?

スコティッシュフォールドの上手な飼い方とは?

スコティッシュフォールドの上手な飼い方とは?

猫ブームが到来している中、特に人気があるのがスコティッシュフォールドです。足が短くて毛長という特徴があり、ぬいぐるみのような容姿は飼い主に癒しを与えてくれるものです。

スコティッシュフォールドは他の猫とは違ってデリケートな部分が多く、飼い方に工夫を凝らす必要もあるので注意が必要です。

毛が長い為、毛づくろいを毎日飼い主がブラシで行なう必要があります。ブラッシングを怠ると、長い毛が胃の中に溜まって排出できなくなる恐れがあります。

また足が短いという特徴の為、爪とぎの時に関節に余計な力も加わってしまします。その為、爪とぎ用の板は床に置いて楽なしせいで出来るように工夫をしてあげるのも大切です。

スコティッシュフォールドの体の特徴を補ってあげることが、上手な飼い方といえます。

スコティッシュフォールドが吠えた時のしつけ方は?

スコティッシュフォールドが吠えた時のしつけ方は?

スコティッシュフォールドは比較的おとなしい性質の猫なので、吠えることはあまりないのですが中には声がうるさくて悩んでいる飼い主さんがいたり、家に招いた人に吠えて困ってしまったということもあるようです。

スコティッシュフォールドが吠えた時には寂しかったりストレスが溜まっていたり病気だったりという理由があることも多いので、よく観察して原因を突き止め、そこを改善することも必要ですが。

ですがあまりにもうるさいという時には吠えた時にその都度「うるさい」などと叱り、そっけない態度で接するなどのしつけが必要になります。

しつけを行うことであまりうるさく声を出してはいけないのだいうことに気付いてくれ、改善していくようになるでしょう。

スコティッシュフォールドが噛んだ時のしつけ方は?

スコティッシュフォールドが噛んだ時のしつけ方は?

スコティッシュフォールドに限らず、猫全般に言えることですがかつては狩猟動物だった名残から本能的に動くものにとても敏感です。

そのためじゃらし棒などのおもちゃで一緒に遊ぶと興奮して、見ていても楽しいものですが、その際に手などを噛んだ時には手をおもちゃと勘違いしていることもあります。

なのでこれを噛んだら一緒に遊んでもらえなくなるということを分からせるためにその場でしかったり、一緒に遊ぶのをやめるなどのしつけが必要です。

スコティッシュフォールドは飼い主を噛む理由は他にもあり、歯の生え換わりでかゆい場合や構われすぎてストレスを感じている時などがあります。

噛んでもいいおもちゃを与えたりあまり構いすぎないという対策もしつつ、実際に噛まれた時には痛いと伝えてスキンシップをやめると、これは悪いことなんだと理解してもらえます。