ヨーロピアンショートヘアーのしつけの仕方は?

ヨーロピアンショートヘアーの上手な飼い方とは?

ヨーロピアンショートヘアーの上手な飼い方とは?

ヨーロピアンショートヘアーの上手な飼い方は、愛情を持ってスキンシップを取ることです。猫は基本的に寂しがり屋でもあります。

時折「ほっといてくれ」オーラを出しますが、内心では「構って欲しい」場合が多いです。だからと言って極度に構いすぎるのもダメです。

人間と同じように個体によって性格も違います。向こうから足元にすり寄ってきたり、甘えて来たときは時間が許せば思いっきり相手をしてあげましょう。

そのようにしてスキンシップを取ることで信頼関係も築くことができます。お互いのことを尊重し合いながら付き合っていくことが大切です。

猫も人間と同じだと思って接していれば上手く一緒に生活していけるようになるでしょう。愛情を持って接してあげることが一番重要です。

ヨーロピアンショートヘアーが吠えた時のしつけ方は?

ヨーロピアンショートヘアーが吠えた時のしつけ方は?

近年になって、品種として確立した猫の一種に、ヨーロピアンショートヘアーがあります。あまり耳なじみのない人がいるかもしれません。

初心者にも飼いやすいネコとして知られております。ヨーロピアンショートヘアーは、大変に人なつっこい側面を持っています。

遊ぶのが大好きで、飼い主とコミュニケーションをとりたがるものです。警戒心は低いので、ネコのほうからすすんでじゃれてくることも珍しくありません。

また環境への適応力が強いですので、小さな子供がいたり他のペットがいてもすぐに慣れてきます。ですから、しつけで飼い主が苦労することは少ないと見ていいでしょう。

もしヨーロピアンショートヘアーが吠えた時は、しっかりと叱ることが大切です。叱られれば自分が悪いことをしているとわかるのです。

それを繰り返せば吠えることはなくなります。

ヨーロピアンショートヘアーが噛んだ時のしつけ方は?

ヨーロピアンショートヘアーが噛んだ時のしつけ方は?

かかりやすい病気も少ないため健康で他の猫に比べて寿命が長いヨーロピアンショートヘアーは、人懐っこい性格と生活環境の変化にも優れた適応力を持っています。

そのため、猫を初めて飼う人でもとても飼いやすく、飼い主とのコミュニケーションを積極的にとる猫であることからペットとしてヨーロッパを中心に高い人気を誇っています。

ヨーロピアンショートヘアーは賢く物覚えが良いため、何かしら悪いことをした際に目を見てしっかりと叱ってあげれば何が悪いことなのかを理解してくれるので、しつけで苦労することはあまりないはずです。

ですから、例え噛んだ時であっても叩くなどの暴力でしつけを行うのではなく、噛んだ直後にすぐ目を見てしっかりと叱ってやることが重要になります。